スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ときときばなし その4:サビ!?カビ!? 緑青について

 2017-08-19
古い10円硬貨が青緑色になっているのを見たことありませんか?
鎌倉の大仏さまやニューヨークの自由の女神も青緑色に見えますよね。
これらの青緑色が緑青(ろくしょう)なのです。

liberty.jpg
*塗装したような青緑色の自由の女神

緑青とは銅や真鍮にできるサビで
酸、塩分や湿気(水分)が原因で発生することが多いです。
10円硬貨、大仏さま、自由の女神それぞれ素材が少し違うと思うのですが
全て銅が含まれた材料を使っていますので緑青が発生しているのです。

先日、「ときときばなし その3」でお話した真鍮も銅と亜鉛の合金でしたよね。
したがって、当社の手造り腕時計も使っているうちに緑青が発生することがあります。

IMG_2703.jpg
*手入れせずに放っておくと...裏ぶた周りやカシメにも緑青が!!

緑青に毒性はないと言われていますが
腕時計ですので服の袖などが汚れるとイヤですよね。
完全ではありませんが緑青の発生を予防するお手入れ方法をご紹介します。

酸、塩分や湿気(水分)が原因と前述しましたが
これらが含まれているものとは・・・そうです、汗です。
腕につけているとどうしても時計に汗がついてしまいます。

腕時計を外した後は柔らかく乾いた布で
時計についた汗など水分を拭き取ってください。
その際にはリューズ等の出っ張っている部分に
引っかからないようご注意くださいね。
また、時計本体だけでなく、革バンドも同様に拭くと長持ちします。
その後、風通しの良い所で乾燥させるとより良いです。
湿気の多いところでの保管は避けてください。

毎日お手入れをしていても布が届かないところなどから
緑青が発生することがあります。
その場合、柔らかめの歯ブラシなどを使って落とすのが
よいのですが完全には落ちません。
また、歯ブラシ使用時に洗剤や水分を使用しないでください。
手作り腕時計は非防水なので故障の原因になります。

気になるような状態になった場合は当社にお申し付けください。
分解掃除をして取り除きます。
ただ、革バンド付近やカシメの緑青をきれいにするためには
革バンドを時計本体から外さないと取れません。
革バンド交換の際にご依頼くださるのが良いタイミングかと思います。
通常、クリーニングは有償なのですが
その際にご依頼くだされば無償サービスで承りますよ。
また、電池交換の際にも簡易ですが無償でクリーニングいたしますので
遠慮なくご依頼くださいね。

crafz.net shop「保証と修理について」ページ
                                     ☆
関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :ときときばなし トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。