ときときばなし その3:真鍮って何?

 2017-06-27
当社直営ネットショップcrafz.net shopの商品仕様/主な素材の欄に
よく出てくる「真鍮」の文字。
「真鍮(しんちゅう)」ってなんでしょう?

真鍮は黄銅とも言われ、銅と亜鉛の合金です。
身近なものでは五円硬貨が真鍮でできています。

5yen_brass.jpg
*五円硬貨と真鍮板

程々の柔軟性があり、かなづちで叩いたり伸ばしたりしても
ヒビが入ったり割れたりしないことや
切ったり削ることが容易で細かい加工がしやすい金属として
当社の手造り腕時計に多く使われています。

005-20536-2.jpg
*様々な加工を施した作品/ni:ta16-11-02

サビに強く、磨くと金のような光沢が出たり、黒く染めてアンティーク感を出したり、
叩いて槌目を出したり、いろんな表情が出せる名優です。
そして、その名優を演出するのは時計作家です。
平らな真鍮板を切る、曲げる、叩く、削る、焼くなど
いろんな加工をして手作り腕時計に仕上がります。
ぜひ、あなたのステージに立たせてやってください。
演じるほど味が出てくるのも名優さながらです。

                                     ☆
関連記事
カテゴリ :ときときばなし トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫